オールインワンジェルのケアを十分に肌に活かすためにも、ジェルは適切な量を使うことです。むやみにたくさん肌につけるだけではなく、本当に肌にとって必要な分を浸透させることで、肌は良い状態に変わっていきます。

自分での手の平です肌に触れて浸透性の確認を

商品ごとに1回分の適量の記載があるので守ること、肌に触れてしっとり感を確認することです。一人一人の肌状態は違いますので、肌状態に合わせたスキンケアでの保湿が必要になります。一通りの基礎化粧品の成分を含むのが、高機能なオールインワンコスメであり、肌の状態を確認しながら使うのが最も良い方法です。肌に必要な成分が含まれるからといって、たくさん肌に似りすぎるとべたつくだけですし、浸透しない分は無駄になります。オールインワンジェルの適切な量は、スキンケアの際に素肌に触れて確認すること、過度につけすぎる必要はありません。

乾燥を感じるときにはジェルの重ね塗りで対処

素肌の状態は日によって変わるので、肌が乾燥をするときには、ジェルの重ね塗りで対処です。オールインワンコスメは1つで基礎化粧品のお手入れが済む化粧品ですが、1回しか使ってはいけないルールはありません。肌の状態は均一に潤っていたり、均一に乾いていることはなく、パーツによっては肌乾燥の激しい部分もあります。1回だけ肌にジェルを塗布してみても、目元や口周りは乾燥をしやすいので、乾燥部位にはさらにジェルを追加です。立て続けにジェルを塗布するのではなく、1回肌にジェルを塗布してから、馴染んだら再度塗布をするようにします。

スペシャルなスキンケアに使いたいときにはパックに

オールインワンジェルをスペシャルなケアに使うなら、ジェルをパックとして使うことです。洗顔後のスタンダードなスキンケアに使うだけではなく、時々する特別なスキンケアでは、ジェルを多めにつけてラップをするパックをすると、肌がしっとりとします。食品ラップを使うときには肌を覆うことになりますが、鼻や口元は避けてラップをかけることです。ジェルを使ったパックをしたら数分間経過させて、残りのジェルは肌に浸透させます。夜のバスタイムの後にジェルのスペシャルパックをすると、毛穴も開いていて血行も良いので、ジェルの浸透が良くなりますし、翌朝の肌もぷるぷるです。

まとめ

オールインワンジェルは商品ごとの目安量を使いますが、肌の調子に合わせた量を使うことも大事です。肌に乾燥を感じるときなどは、重ねて使うこともできますし、うるおいを高めたいときにはパックにして使います。