素肌への優しさを追求した基礎化粧品を選ぶのであれば、オールインワンジェルでも、無添加のタイプを探すこともできます。肌の弱い人であれば成分には敏感になりますし、未来の肌のことまで考えれば、配合成分には敏感になっても当然です。

素肌にやさしい無添加のオールインワンジェル

無添加のオールインワンジェルを探してみると、様々なメーカーから市販されているので、自分の肌に合ったジェルを選ぶことです。天然ではない特定の化学合成した物質を含有していない、添付のない化粧品というのは、着色料や防腐剤などを含まない化粧品になります。化粧品に含有するそれらの添加物は、テストなどもして確認して化粧品として販売されるものの、すべての肌が大丈夫とも限りません。今は問題がなくても未来の肌のことまで考えると、添加物なしの化粧品は魅力です。もちろん市販のオールインワンの添加物配合が、肌に何か問題を起こすとは言えませんが、不要なものは入らないほうが安心できます。

何がジェルに添加されていないかをチェック

無添加のオールインワンジェルを探すときには、何がジェルに添加されていないかチェックします。化粧品を美しい色彩で見えるのは着色料であり、ケミカルな香りで印象をよくするのは香料です。保湿などを目的に含まれるミネラルオイルや鉱物油は、ケミカルな石油系オイルになります。長期保存を可能とする防腐剤にはパラベンが使われますし、さっぱりとした使い心地のためには、アルコールが使われるのはよくあることです。油分と水分の馴染みをよくして浸透性を高めるのは、石油系合成界面活性剤です。いずれも使い心地などのために含まれますが、ケミカルな添加物必ず必要とも言えず、無添加でも十分に使い心地はよく問題はありません。

添加物を含まない基礎化粧品の肌への実感

無添加のオールインワンジェルを使うにあたり覚えておきたいのは、これまでの化粧品とは違い、肌への実感がゆっくりということです。人工的な添加物の多い化粧品は、結果重視で肌に働きかけるので、実際には肌負担が意外と大きいことがあります。添加物不使用のオールインワンコスメを使うようになると、速攻で肌を回復させるケミカルな成分は含まないので、肌への変化もわかりにくいです。添加物なしの化粧品の場合は、無理に肌に働きかけるのではなく、肌本来の美しさに働きかけます。肌が持つ回復力で時間をかけて、本当の美しく丈夫な肌に代わるので、未来の肌までも健やかになるようなケアが可能です。

まとめ

短期的な肌の美しさを求めるのではなく、将来的な肌の美しさまで求めるのであれば、無添加のオールインワンジェルを探してみることです。何が含まれていないかを確認して、肌に安全で優しいジェルを使い美肌を目指します。