脂性肌の人の悩みは、なんといってもTゾーンのテカリだと思われます。このテカリを何とかしようと、あれやこれやと試しているのではないかと思われますが、根本的な解決策を知らないケースが、現実には多いのです。

テカリを取るからテカるといういたちごっこ

脂性肌の人の悩みに、顔がテカるというのがあります。特におでこや小鼻のTゾーンと称される部分の皮脂の分泌量が多い上に、その他の部分も皮脂が出ますので、顔全体がテカテカした印象を与えるのが大きな悩みです。そのため、テカリを取ろうとあぶらとり紙を何枚も使い、時には朝の洗顔だけでなく、メイク直しの時に洗顔をする女性もいます。男性なら顔を洗うのはもっと簡単なので、男性でも顔を洗う人は多いでしょう。そして、テカリを防ぐため、できるだけ油分は付けないスキンケアを行います。これでさっぱりし、完璧と思ったのもつかの間、1時間もすればまたテカテカです。

テカテカ予防には引くより足すスキンケア

そもそも脂性肌の特徴である皮脂の分泌量が多いのは、インナードライ肌になっているからです。インナードライとは内部が乾燥している肌で、肌表面の刺激に弱くなっています。肌は刺激から守るため、皮脂を分泌して表面をガードしてしまうわけです。つまり、原因は肌内部の乾燥にあったことから、洗顔をしたり、油を取り去ることで、さらに皮脂が分泌されるという肌になってしまっていました。これを改善するには、肌の内部に水分を与えてやるしかありません。化粧水の水分だけではダメで、必ず油分によって蒸発を防ぐ蓋をする必要があります。その油分が苦手で使わない人が多い脂性肌には、水分は肌の奥に浸透し、表面には膜を張る性質を持つオールインワンジェルが最適です。

肌内部にしっかり水分を溜め込もう

肌の中に水分がないために皮脂が多く分泌される脂性肌は、オールインワンジェルで水分補給をじっくり行うのがおススメです。洗顔後の肌にオールインワンジェルを付けたら、肌を両手で包み込むようにしてじっくり浸透させます。重い感触が苦手な人は、水分補給はしっかり行いながらも、軽い着け心地のライトタイプを選ぶとよいでしょう。どんなタイプでも使い方は一緒で、肌に塗った後に浸透させるためのハンドプレスというひと手間が肝心です。これを行うことによって、肌の内部に水分が補給されますので、次第に脂性肌が改善されてくることでしょう。

まとめ

脂性肌でテカるのは、単に皮脂の分泌が盛んなせいと考えていてはいけません。その根底には、肌内部の水分不足という原因があるからです。オールインワンジェルを上手に使いこなせば、肌の内部が改善され、脂性肌が変わってきます。